保険見直しのポイント

保険見直しを声高に推奨する各種宣伝も、ここ最近一段落した感がありますが、私達に広く「保険見直し」という概念を謳った効果は抜群でした。
一昔前までの保険契約と言えば、担当者が個別訪問して準備して来た契約プランへの無条件加入を薦めるスタイルが一般的であり、それに疑問を抱く人もまた、ごく少数派でした。

ですが保険販売のスタイルが大きく変化した近年、それまで契約者側に殆ど見られ無かった「比較検討」という作業の実践が当然となり、私達の有する保険に関する基礎知識は一気に深くなりました。
これは適材適所の付保という観点からは喜ばしい事ですが、同時にあまりに膨大な情報が飛び交う中、誤った知識を信じてしまい、結果せっかくの適正な契約内容を妙な方向に変えてしてしまうケースが見られるのもまた、残念な現状です。

各保険商品販売代理店あるいは保険会社は当然、営利目的の企業である以上、自社を通じての新規保険契約取得が主目的で活動しています。
「保険料が安価になる」の文言は、不特定多数の方々の心を動かす説得力に満ちていますが、このお得感部分だけに惹かれてしまうのは間違いです。
「保険見直し」とはあくまで、その時点時点に於いて適切かつ十分な保証内容が確保されているか否かを見極める作業であり、保険料が抑えられるのはあくまで、それに伴う間接的な結果なのです。
私達は今一度、保険見直しとは何を指しているのかを再確認するところから、仕切り直す時期を迎えていると言えるのです。



●Special LinK
適正な契約内容であるか保険の見直しを相談出来る保険会社のサイトです ・・・ 保険の見直し